転職失敗…ブラック企業から学んだ体験を皆さんにお伝えします

スポンサードリンク

この記事は私が理不尽な会社で働いていた経験を同じ様に困っている方と共有する為に書いた記事になります。

はぁ?

ふざけんなよ?

そう言って、守銭奴女専務に詰め寄ったのはボーナス時期の暮れの事。

前職を体調不良で辞めた後、ハローワークで見つけた高待遇が謳われた求人票。

食品加工会社で、早朝出勤はあるが残業はほとんど無し。週休二日制、ボーナス年2回、未経験可、社保加入と書かれてる紙を眺め、暫し考えた後、応募してみる事に。

11月X日の朝6時に来て

ん?

朝6時?

まぁいいやって事で履歴書持って会社到着。

応接室的な所へ通された後

これに着替えて

と、上下真っ白な作業服と白い目出し帽を渡された。

面接の前に工場案内するから

そう言われ、着替えた後に工場へ。

内部潜入

中には大きく分けて2つの部署があり、通されたのが加工、最終工程部署。

真っ白い目出し帽の人間が数人いて、パック詰めされた製品が機械を通り、ラベルが貼られ、それをカゴに入れる作業の最中だった。

一通りの作業を見せられ、説明を受けた後でまた応接室に戻された。

そこで女専務登場。

どう?やっていけそう?

にこやかで、物腰柔らかそうなケバいおばさんが優しく聞いてきた。

頑張ります

などと、適当に答えながら面接スタート。

給料は求人票の額を出す

早出、残業代は出しません。

その代わり、超過時間分を早上がり、代休に充てます。

だとさ。

残業というものが大嫌いなオレはその条件をむしろ好条件として捉え、終始和やかムードで面接を終えた。

初出勤

数日後、採用の電話があり、通常勤務時間の8時出勤に合わせ、少し早めの7時30分に会社に着いた。

専務に挨拶を済ませ、ロッカー兼休憩室に入ると他の従業員の荷物はあるが誰もいない。

そう。みんな就業時間前に働いてるのだ。

まぁよくある事と思いながら、着替えを済ませ待機してると

おざーす

他の従業員がゾロゾロ戻ってきた。

今日からお世話に的な挨拶をし、軽く談笑した後現場に向かった。

そこには上司に当たる課長とパートのおばちゃん3人と同じ部屋だが別部署だという若者がいた。

課長は定年間近で上層部と犬猿の仲。元上層部だったらしいが部下の不手際の責任を負い、現場にいるらしい。

若者はB型丸出しの俺様人間。こいつのせいで辞めた人間多数。仕事は出来る。

こんな感じの中で、言われるがまま仕事をこなして行った。

この会社では納期の関係で月に3回、3日連続で早朝出勤があった。

朝5時スタートの午後2時終了。

通常勤務は8時~17時。

残業代つかねーから早出も通常も定時で帰る

ってのが課長の方針で、楽しく、厳しく毎日の仕事をこなせて行けた。

主任候補を入れる

そんな話しが出たのは課長が定年を迎える少し前の事。

現場の管理、作業、発注と全ての仕事をやっていた課長の代わりになる人を入れるらしかった。

で、入ってきたのが同業経験者のおっさん。

鳴り物入りで入ってきたおっさんは待遇が他の古株従業員より良かったらしく、課長からもB型からも、他部署の人からもキツく当たられていた。

周りからキツく当たられてた主任候補はイライラの鬱憤の矛先をパートやオレに向け始める事になる。

ゴマすり人間

鬱憤を晴らすおっさんに不信感と嫌悪感を抱きながらも、上司ということでハイハイと受け流しながら仕事をしていた。

オレは課長と俺様人間と他部署の人達とは好意的に接していたため、オレとパートさん達に八つ当たりしていたおっさんは、課長他に

おめーが仕事出来ないから俺達に怒られるんだろ‼

立場弱い人間に八つ当たりするな‼

と、さらに恫喝され一時は大人しくなったんだ。

しかし、このおっさん性根の部分で人を見下さなきゃ生きていけない人らしく、下の人間に対する待遇は陰険だった。

反対に上層部や少しでも立場が上の人達にはイエスマン
見ていて清々しい程のゴマすり人間。

こんなおっさんとなんとか仕事出来たのは課長のおかげ。

課長が定年を迎える少し前の日。

俺が居なくなったら上層部もゴマすりおっさんもやりたい放題になるはず。

この会社はやり方が汚いから注意しろ。

と、オレに忠告をして社長を睨みつけながら会社を去っていった。

上層部に対して唯一牙を剥き、弱い者達を守ってくれた課長と共に、一番の古株パートさんも

ゴマすりおっさんについていく気は無い

と会社を去っていった。

待遇が変わった

さあ、上層部&ゴマすりのやりたい放題劇場の開幕です。

それまで定時で出社退社出来てたのが出来なくなりました。

仕事は滞り、嫌悪な雰囲気の中、無償の早出残業が始まりました。

残業代を早上がり&代休で相殺する話も反故にされ、イエスマンゴマすりおっさんは上層部の命令を盾にやりたい放題。

上層部というのも全て同族。

社長(キ〇ガイ)
社長の嫁(守銭奴女専務)
娘1(露出ビッチ)
娘2(引きこもり)
娘1婿(インテリ暴君)

こんな感じ。

どいつもこいつもやりたい放題。

全員の車が高級車
母娘はヒステリー
婿は仕事しないでギャンブル
昼飯は高級寿司やうな重の出前
机の上にはブランド品のバック&通販雑誌

書ききれないですわ。

課長が居なくなった途端、現場に口を出し始め、経費だ、歩留りだ、と騒ぎ出し、気に入らない社員をサンドバッグにし、自分達の権力を誇示しだした。

腰巾着ポジションのゴマすりも虎の威を借る狐ですわ。

それでもオレは我慢したさ。

もうすぐボーナスだから。

その前に地獄の繁忙期が待ち受けていた。

繫忙期

繁忙期になると業務は熾烈を極め、嫌悪さは加速し、一触即発状態。

食品加工会社ってよく消費期限偽造とか衛生管理のずさんさとかTVで見ません?

ありましたよ 普通に。

ラベル貼り替え
容器の移し替え
消費期限偽造
加工機械の不潔さ
汚い床に落とした製品を商品に
そこら中ネズミが走ってる

書ききれないですわ。

繁忙期になるとその辺の管理は更にずさんになり、ちらほら返品、クレームの話も聞こえてくる。

上層部キレる→ゴマすり責任転嫁→オレ、パート怒られる→上層部の風当たり強くなる→オレ、パート萎縮して奴隷状態。

悪循環これに極まるでしたね。

約一ヶ月半の間勤務時間は朝4時から夜9時過ぎまで。
休日無し。

痩せるわ、寝れないわ、イラつくわで大変でしたよ。

それでも我慢しましたよ。

ボーナスですから。

繁忙期の真っ只中にボーナスの支給日が来ました。

オレは初ボーナスだったので支給の仕組みなどわからず、他部署の人達に聞いて回ったんだ。

明細書来るよ

そう言われ、その明細書なる物を待ちながら熾烈な業務をこなして、午後の休憩。

休憩室では他部署の人達が明細書を見ながら談笑していた。

オレ貰ってないんすけど

他部署の人達はおかしいね?と言いながら午後の仕事に戻っていった。

オレは悶々としながらゴマすりがやりたい放題の現場に戻ってヘコヘコイソイソと仕事を続け、本来の定時である17時を待った。

17時に守銭奴専務が明細書を持って来るはず

なんの根拠もない願望を抱きながら終わりの見えない作業を続け、18時を回った辺りでトイレに向かった。

ボーナスが貰えない?

トイレの前の喫煙所でギャンブル婿がタバコを吸っていたので

あれ?今日ボーナスですよね?

って聞いてみた。

そうだよ。皆に支給しただろ。

だって。

嫁に電話し、振込確認をしたところ

入金無し

瞬間的に沸騰したオレの怒りはまずゴマすりに向かった。

修羅場の現場のドアを蹴飛ばし、ゴマすりの前に立つとオレは目出し帽を剥ぎ取り、ゴムの前掛けを地面に叩きつけ、斜め上からゴマすりを見下し、低い声で冷静に

ボーナス入ってないんで帰るっすわ

と吐き捨て、修羅場の現場を放棄し帰ろうとした。

はぁ?何言ってんだ!仕事どーするんだ‼?

と、ゴマすり。

被せ気味に

うっせんだよこの野郎‼ 〇すぞ‼

と、オレ。

ビビったゴマすりが

わかった、少し冷静に、な?な?

と諭すがオレの怒りは収まらず、ゴマすりに対する恨みと相まって更にヒートアップ。

冷静だっていってんだろ‼ どけ 邪魔だ‼

冷静じゃありませんね(笑)

わかった、まず事務所いこ?ね?ね?

と、ゴマすりに半ば強引に事務所に連れて行かれたんだ。

事務所につくと、守銭奴専務が

何?仕事終わったの?納期間に合うの?と面倒くさそうにゴマすりに問いかけた。

それを割ってオレは

ボーナス入ってないんすけど?

守銭奴に噛み付いた。

守銭奴はクレームがきたのはお前にも責任がある。よってボーナスは出さない的な事をネチネチ言ってきた。

はぁ?

ふざけんなよ?

なんの為に不眠不休で働いたと思ってんだ?

視界に入ったゴミ箱を蹴飛ばし、守銭奴に詰め寄り

よーし、わかった。ボーナス出さねぇならタイムカードのコピー労基に出して、偽造の証拠の写真を保健所に出すからな?

そう言って守銭奴を睨みつけた。

ちょ、ちょ、ちょっと待って、ね?

守銭奴は態度を急変させ、続けざまに

実は全額は出せないけど、少し用意してあるの、ちょっと待ってて

と、慌てて奥にひっこみ、子供に渡すようなポチ袋を手に戻ってきた。

少しだけど、ね?

オレはポチ袋を守銭奴を睨みながら受け取り、目の前で中の札を取り出した。

はぁ?たった3万?なめてんのか?

まぁいいや

あ、明日からこねーから退職に必要な書類郵送しとけ

な?

そう言い残し、唖然と見ていたゴマすりに

世話になったな お?

と凄み、事務所を後にした。

まだ営業してるみたいだね。

いい経験させて貰ったよ。

同族経営の会社には二度と近づかないよ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

会社勤めが向かない私の特徴

 

コメント

  1. akouroushix より:

    goldenbat 様
     この度は読者登録有難う御座います。
    雑文ですが今後とも宜しくお願いいたします。
    何処にも理不尽さを他人に平気で押し付ける奴はおります。まるで自分が常識のような顔をいたしますから始末の悪い事です。
    自分などもさんざんけつを捲って来た人生でしたので、よく分かります。余り馬鹿馬鹿しいやつとは関わるだけ時間の無駄です。
    年を食いますとそんな事も恥ずかしい事だったと反省はするのですがいまだちょいちょいやりますのでこまったものです。

タイトルとURLをコピーしました